カテゴリー「ベース練習法 左手 基礎」の2件の記事

左手のフォームその3

 エレクトリックベースの左手のフォーム3回目
今日は親指の位置について説明します。
 第十回目で説明したように、ローポジションでの
フォームは主に人差し指、中指、小指で押さえるのですが
この場合の親指は中指の後ろに位置すると良いと思います。
(それぞれの指に均等に力を配分すること、また
ポジションの移動を素早くするためです)
 参考資料(PDFファイル)に良い例と悪い例それぞれ
写真で確認することができます。

「1.pdf」をダウンロード

http://kiyobassist.client.jp/lesson.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

左手のフォームその一

まずはぎりぎりフレットに触るくらいの場所を押さえて弾いてみましょう。
 弦を押さえる場所には、フレットとフレットの間
のように幅がありますが、楽に良いサウンドを出すためには、
可能な限りスウィートスポットを押さえる必要があります。
 練習方法は、初めは指先を注意深く見ながらゆっくりと
押さえて練習してください。そのとき1回押さえるごとに
ピッキングして、ちゃんと良い音が出ているか確認して下さい。
そして肝心なのは指が突っ張っていないかどうか、そして
押さえているすべての指の関節が緩やかな弧を描いている
状態まで、脱力します。弦を押さえる為の必要最小限の力
を記憶してしまいましょう、慣れてきたら手元をみることなく
指先がフレットぎりぎりのところを触っている感覚を感じながら
弾けるようにしてください。この感覚を覚えて、楽に良い音で
ベースを弾けるようになってくださいね 。
http://kiyobassist.client.jp/lesson.html

| コメント (0) | トラックバック (0)