« ベースの練習法その二 | トップページ | 右手 練習法ツーフィンガー 4ビート編 »

左手のフォームその一

まずはぎりぎりフレットに触るくらいの場所を押さえて弾いてみましょう。
 弦を押さえる場所には、フレットとフレットの間
のように幅がありますが、楽に良いサウンドを出すためには、
可能な限りスウィートスポットを押さえる必要があります。
 練習方法は、初めは指先を注意深く見ながらゆっくりと
押さえて練習してください。そのとき1回押さえるごとに
ピッキングして、ちゃんと良い音が出ているか確認して下さい。
そして肝心なのは指が突っ張っていないかどうか、そして
押さえているすべての指の関節が緩やかな弧を描いている
状態まで、脱力します。弦を押さえる為の必要最小限の力
を記憶してしまいましょう、慣れてきたら手元をみることなく
指先がフレットぎりぎりのところを触っている感覚を感じながら
弾けるようにしてください。この感覚を覚えて、楽に良い音で
ベースを弾けるようになってくださいね 。
http://kiyobassist.client.jp/lesson.html


« ベースの練習法その二 | トップページ | 右手 練習法ツーフィンガー 4ビート編 »

ベース練習法 左手 基礎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左手のフォームその一:

« ベースの練習法その二 | トップページ | 右手 練習法ツーフィンガー 4ビート編 »