« 右手 練習法ツーフィンガー 4ビート編 | トップページ | 左手のフォームその2 »

5弦ベースの可能性 

「5strings.pdf」をダウンロード

 4ビートウォーキングベースラインにおける
5弦エレクトリックベースの可能性

 ジャズの4ビートで5弦ベース特性を活かした独自の
ラインの組み立て方を考えていきます。
と言っても今回は4弦解放のEよりも低い音でラインを作る
わけではなく、6フレットポジションを基準にして、
4弦ベースでは弾きづらい跳躍を取り入れた音域の
広いラインを作っていきます。

 譜面 Blues in F
6フレットポジション固定
ただし1弦5フレットCのみ人差し指をストレッチ(タブ符は4弦ベースの物が記されています。同じラインでも4弦ベースでは弾きにくいことがわかります)

5弦ベースでジャズを演奏する場合ベースラインに変化を
与えやすく従来の奏法に可能性が広がるのではないでしょうか?

http://kiyobassist.client.jp/lesson.html


« 右手 練習法ツーフィンガー 4ビート編 | トップページ | 左手のフォームその2 »

ベース練習法 アドバンスド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5弦ベースの可能性 :

« 右手 練習法ツーフィンガー 4ビート編 | トップページ | 左手のフォームその2 »